名古屋城公式ウェブサイト

イベント

トップページ > イベント > 特別公開 金の茶釜

【ここから本文】

特別公開 金の茶釜

開催期間などのご案内

会期 5月17日(日)まで
午前9時~午後4時30分(入場は午後4時まで)
会場 名古屋城天守閣 1階展示室
観覧料 無料(名古屋城観覧券は必要)

 名古屋城のシンボル、金シャチは空襲で焼失してしまいました。しかし、金を含む重さ6.6キロのもえがらが残り、アメリカ軍に接収されていました。このもえがらは、大蔵省(現・財務省)を通じて、昭和42年(1967)に名古屋市に返還されました。それをいかに残すか議論されましたが、そこから金を精製し、名古屋市市旗の竿頭(かんとう、旗ざおの先に付ける飾り)と、茶釜につくり直されました。
 今回は、その時につくられた金の茶釜(丸八文様鯱環付真形釜)を展示します。大きく姿を変えてしまったとはいえ、初代金シャチに使われていた金をご覧ください。
※5月18日(月)以後は、複製を展示します。

丸八文様鯱環付真形釜
	    (まるはちもんようしゃちかんつきしんなりがま)

丸八文様鯱環付真形釜 (まるはちもんようしゃちかんつきしんなりがま)
昭和44年(1969) 大蔵省大阪造幣局制作
名古屋城蔵

イベントへ戻る

ページトップへ戻る

【ここからフッタエリア】

Copyright © 2012 Nagoya Castle. All rights reserved.