観る

隅櫓

重要文化財 西南隅櫓 公開

西南隅櫓の画像

名古屋城に創建時のまま現存する3つの隅櫓(すみやぐら)は、いずれも重要文化財に指定されています。内部を常時公開している西南隅櫓は、本丸の南西隅に位置し、1612年(慶長17)頃に建造されました。別名、未申櫓(ひつじさるやぐら)とも呼ばれます。
建物の規模は大きく、東西約11.8m、南北約13.5m、高さ約14.1m。一重目の屋根を付けていないため、外から見ると二重櫓に見えますが、内部は三階櫓となっており、非常に珍しい形式です。
屋根は上下四方に屋根や庇(ひさし)を設けた入母屋造(いりもやづくり)、平瓦と丸瓦を組み合わせた本瓦葺き(ほんかわらぶき)で、二階西面と南面には、三角形の小型の屋根である千鳥破風(ちどりはふ)と敵を攻撃するための石落としが設けられています。大正期、当時の管理者であった宮内省により修復されたため、菊紋の鬼瓦、煉瓦が用いられています。

重要文化財 東南隅櫓 通常非公開

東南隅櫓の画像

本丸の南東隅に位置し、1612年(慶長17)頃に建造されました。鬼瓦などには徳川家の家紋である葵紋が用いられています。別名、辰巳櫓(たつみやぐら)とも呼ばれます。
西南隅櫓と同じく、外観二重、内部三階の構造。二階東面と南面には、三角形の小型の屋根である千鳥破風(ちどりはふ)と敵を攻撃するための石落としが、三階東側の屋根の軒には、弓なりになった軒唐破風(のきからはふ)という格式の高い装飾が施されています。

重要文化財 西北隅櫓 通常非公開

東南隅櫓の画像

御深井丸(おふけまる)の北西隅に位置し、1619年(元和5)頃に建造されました。別名、戌亥櫓(いぬいやぐら)とも呼ばれます。
外観三重、内部三階の構造で、大きさは東西約13.9、南北約16.9m、高さ約16.2m。江戸時代から現存する三階櫓の中では、全国で2番目の大きさを誇ります。屋根は上下四方に屋根や庇(ひさし)を設けた入母屋造(いりもやづくり)、平瓦と丸瓦を組み合わせた本瓦葺き(ほんかわらぶき)で、北面と西面に敵を攻撃するための石落しが、東面と南面には三角形の小型の屋根である千鳥破風(ちどりはふ)が設けられています。