観る / 西の丸御蔵城宝館

かつての西之丸

現在の正門(旧榎多御門)入ってすぐ、天守がある本丸の西側を西之丸といいます。

江戸時代、西之丸には一番蔵から六番蔵まで6棟の米蔵が置かれ米蔵構として重要な役割をはたしていました。現在の西の丸御蔵城宝館は、三番御蔵と四番御蔵のあった場所に外観を模して建てた施設になっています。名古屋城では、今後発掘調査を進め、城内に蔵跡の標記をし、かつての西之丸の姿を明らかにしていきます。