名古屋城公式ウェブサイト

トピックス

トップページ > トピックス >「世界の金シャチ横丁(仮称)」の正式名称が決定しました >ネーミングディスカッション

【ここから本文】

ネーミングディスカッション

■司会(佐藤)

 世界の金シャチ横丁(仮称)の名称募集は、おかげさまで、北は北海道、南は鹿児島に至るまで全国各地のみなさんからたくさんのご応募をいただき、その結果、応募総数642件、名称合計507件となった。本日は、これらの応募名称を基に、この場で正式名称を決めていきたい。
 まずは、本日出席いただいている方々に、名古屋城との関わり等を交えながら自己紹介をお願いする。

■あいち戦国姫隊 まつさん、吉乃さん

・信長、家康、秀吉を輩出した愛知を広く知ってもらうために活動している。
・名古屋城には毎週水曜日に来ている名古屋の魅力も伝えていきたい。

■NPO法人わが家流子育て応援団ふりあん理事長 江口このみさん

・NPO法人で、ひばりヶ丘で親子のスペース・広場づくりを行っている。
・その中の取組みのひとつとして、12月に東山動物園で実施した「子どもcity」というのがある。これは、子どもの主体性を育み、まちの仕組みを知るための取組みであり、事前に子ども達と半年くらい話し合い、その準備を進めて実施する。子ども達自身が仮想のハローワークで仕事を選び、従事する。大人の世界と同じことを行うため、一定のルールもある。違反すれば罰金もある。
・金シャチ横丁では、「子どもcity」のような子どもの運営する店を展開して、経済を学ぶ場として活用できたらと思う。

■名古屋市立矢田中学校2年生 鈴木桜子さん

・たくさんの人たちに名古屋の昔の文化を知ってもらい、その文化を未来につなげていくことができるものにしてもらいたい。

■中京大学理事・総合政策学部教授 奥野信宏さん

・2027年のリニア開通が名古屋にとっての節目である。
・名駅、栄、名古屋城を歩いて楽しい、アジアNo.1の地域にしたい。

■名古屋市長 河村たかし

・名古屋は、重要な分岐点に来ており、東京の衛星都市では駄目である。
・庶民が社会を作る。その出発が名古屋城であり、本丸御殿の復元である。

名古屋市会経済水道委員会委員長 金庭宜雄さん

・昔は、名古屋城を中心に芝居、食べ物、楽しいことを元々行っていた。それを元に戻す。
・名古屋は唯一の名古屋である。誇りを持つことが大切である。

■NAGOYA学生キャンパス「ナゴ校」代表 後藤航さん、 山本創平さん、中島崇晴さん

・ナゴ校は、地域、企業、行政と社会のつながりながら名古屋を盛り上げていく活動をしている。
・名古屋城では、世界の金シャチ横丁(仮称)の社会実験で、人力車と籠のボランティアを行った。
・法被を着ていると、学生のボランティアかスタッフか区別がつかない。だから、来城者に質問されても答えられるよう勉強したり、遠方からの来城者に対して、名古屋のどこを紹介したらよいのかを考えて取り組んだ。
・名古屋城、世界の金シャチ横丁(仮称)が観光の拠点となってほしい。

■司会(佐藤)

 出演者の皆さんには、多数集まった応募名称に対して、あらかじめ、それぞれ予備選をしていただいている。それぞれ、選んだものと選んだ思いを順番に発表してほしい。

■あいち戦国姫隊 まつ、吉乃

 あいち戦国姫隊の6人で予備選のための予備選を行った。その際の基準は、①愛知をPRする、②豪華で、見た目で人目をひく、③シンプルで口ずさみやすいの、3つを基本とした。結果は、次のとおりである。
 1位:しゃちほこ横丁
 2位:はち丸横丁
 3位:名古屋キラッ都おいでん横丁
 4位:あいち名城金シャチ座
 5位:どえりゃー横丁

■NPO法人わが家流子育て応援団ふりあん理事長 江口このみ

 選んだものに、「横丁」は入っていない。今回決める名称は、芝居小屋等の多目的施設や飲食・物販施設がある大きな空間に付けるものだと考えた。そういう空間全体を「横丁」と名付けてしまうと、その空間の中に、飲食・物販施設が並ぶ「横丁」があるのは紛らわしいと思った。その結果が、次のとおりである。
 1位:金シャチ城下町
 2位:なごやシャチまち
 3位:名古屋本丸城下町
 4位:シャッチースクエア
 4位:なごやか城下町
 4位:Nagorca Square

■名古屋市立矢田中学校2年生 鈴木桜子

 江口さんの話を聞いて、「横丁」の中に「横丁」があるのは、私も変だと思った。私は「城下町」がいいと思う。

■中京大学理事・総合政策学部教授 奥野信宏

 「名駅」と同様、「金のしゃちほこ」を「金シャチ」と略すところが名古屋らしい。尾張名古屋、名古屋の歴史・文化を感じられるものが良いと思う。選んだのは、次のとおりである。
 1位:金シャチ横丁
 2位:尾張金シャチ横丁
 3位:名古屋本丸横丁
 4位:やっとかめ横丁
 5位:名城はちまる横丁

■名古屋市長 河村たかし

 「世界の金シャチ横丁」のほかはない。このプロジェクトは絶対に成功しなければならならず、行ってみたいと思う名称にしなければならない。東京駅にポスターを掲示する際、「金シャチ横丁」では弱く、「世界の」を入れて注目されるようにすべきである。品があるか、ないかで選んではいけない。選んだのは、次のとおりである。
 1位:世界の金シャチ横丁
 2位:金シャチ横丁
 3位:宗春横丁
 4位:どえりゃあ横丁
 5位:宗春横町

■名古屋市会経済水道委員会委員長 金庭宜雄

 名称を選ぶ際には、①名古屋を創造できるもの、②温かみのあるもの、③柔軟性のあるもの、④わくわくするもの、を選んだ。「金シャチ」が入っている方がよく、「なごやか」は名古屋をイメージさせる。また、「もてなし」はやわらかさが感じられる。「世界の金シャチなごやか横丁」は応募名称には無かったが、組み合わせて作ったものである。選んだのは、次のとおりである。
 1位:金シャチなごやか横丁
 2位:金シャチおもてなし横丁
 3位:なごやか横丁
 4位:なごや金シャチ横丁
 5位:世界の金シャチなごやか横丁

■NAGOYA学生キャンパス「ナゴ校」代表

 ナゴ校のメンバーで予備選の予備選を行った。子どもでも分かるように、ひらがなの名称を選んだ。選んだのは、次のとおりである。
 1位:いこまい横丁
 2位:なごやか横丁
 3位:はちまる横丁
 4位:ええなも横丁
 5位:え~がね!! 金シャチ横丁

■司会(佐藤)

 応募名称をある程度絞るつもりで、出演者に予備選を行ってもらったが、それでもまだ様々な名称が選ばれている状況である。そこで、事務局の方で、応募のあった名称をキーワードで整理してみた。
 そうすると、1位は「金シャチ」の155件、2位は「名古屋」の91件、3位は「尾張」の43件、4位は「おもてなし」の32件、5位は「なごやか」の28件、6位は「名城」の27件、7位は「いりゃーせ」の25件、8位は「世界」の24件、9位は「しゃちほこ」の21件、10位は「やっとかめ」の18件、その後、「はちまる」、「宗春」、「ゴールデン」、「いこまい」、「まるはち」、「にぎわい」という順に続く。また、名称の後ろの部分は、「横丁」が367件と圧倒的に多い。
 「なごやか」は多く入っている。名古屋弁を使った名称も多い。「はちまる」や「まるはち」を使ったものも多く見られる。名称は名古屋をPRできるものが良いと思われる。また、「金シャチ横丁」は仮称であったが、これまで使ってきたことから、ある程度、市民権を得ていると思われる。などと、色々なことが考えられて、どう決めたらよいか大変迷っている。
 そこで、名古屋の将来を背負う世代である、今回の出演者の中で最年少の鈴木さんに、どうやって決めたらよいか聞いてみたい。

■名古屋市立矢田中学校2年生 鈴木桜子

 ・・・会場の皆さんの多数決で決めてはどうか。

■司会(佐藤)

 それでは、会場の皆さんの多数決で決めたいと思う。多数決の候補名称は、今までの議論の他、先ほど紹介した応募名称の票数やキーワードの整理から浮かび上がる次の5つとしたい。
 ①世界の金シャチ横丁
 ②金シャチなごやか横丁
 ③金シャチ横丁
 ④はちまる横丁
 ⑤名古屋弁を用いた横丁(これが選ばれた場合は、後ほどどの名古屋弁にするか議論する)

 それでは、これから会場に集まっていただいた皆さんによる多数決を取りたい。
(会場のみなさんの挙手により多数決)

 結果は、次のとおり、「金シャチ横丁」が良いのではないかということになった。
 ①世界の金シャチ横丁 16票
 ②金シャチなごやか横丁 23票
 ③金シャチ横丁 29票
 ④はちまる横丁 1票
 ⑤名古屋弁を用いた横丁 1票
 結果について、出演者の皆さんに一言ずついただきたい。

■あいち戦国姫隊 まつ、吉乃

 皆さんの力によって名称が決まった。楽しめるものになるよう期待している。

■NPO法人わが家流子育て応援団ふりあん理事長 江口このみ

 出演依頼があったとき、(仮称)のままだとは知らなかったぐらいなので、それぐらい「金シャチ横丁」は浸透している。この名称でいいと思う。

■名古屋市立矢田中学校2年生 鈴木桜子

 多くの人に来てもらえたら嬉しい。

■中京大学理事・総合政策学部教授 奥野信宏

 「世界の金シャチ横丁」が仮称であった時から、「金シャチ横丁」と言っていたので、通称は「金シャチ横丁」になると思っていた。そういう意味でも、今回の決定は良いのではないか。

■名古屋市長 河村たかし

 「世界の」が付いていると、見た人は「にこっ」とする。名称で行ってみたいという思わせることができないことなになるので、中身を作っていかなければならない。

■名古屋市会経済水道委員会委員長 金庭宜雄

 呼びやすい名称である。これから皆さんと一緒に素晴らしい金シャチ横丁を作っていくことになる。そういった意味では「世界の」になるかもしれないし、「なごやか」や「いりゃあせ」になるかもしれない。それら全てを包含したのが「金シャチ横丁」であると結論付けたい。

■NAGOYA学生キャンパス「ナゴ校」代表

 とってもオーソドックスなので、個人的にはもっと面白い名称が良かったかなあと思ったが、良い名称である。

■司会(佐藤)

 会場のみなさんに多数決で選んでいただいたので、この名称に決めたいと思う。
リニアが来ることを契機に、リニアで来たくなるまち 名古屋の中核施設として、名古屋城の整備に取り組んでいきたいと思う。ありがとうございました。

トピックスへ戻る

ページトップへ戻る

【ここからフッタエリア】

Copyright © 2012 Nagoya Castle. All rights reserved.