知る / 特別史跡 名古屋城

名古屋城の概要

家康が築いた、近世城郭の到達点

家康が築いた、近世城郭の到達点の画像

1952年(昭和27)、名古屋城は国内屈指の城郭として国の特別史跡(※)に指定されました。戦災により天守や本丸御殿など主要な建造物を焼失しましたが、それでもなお学術上の価値が極めて高い、とされています。
近世城郭の到達点として高く評価される、名古屋城の概要を紹介します。

※特別史跡とは、文化財保護法により指定された史跡のうち、
特に価値が高いと認められるもので、国宝と同格とされます。

御三家筆頭・尾張徳川家の居城

御三家筆頭・尾張徳川家の居城の画像

関ヶ原の戦いに勝利した徳川家康は、1603年(慶長8)に江戸幕府を開きます。しかし、大坂城には、いまだ幕府にとって脅威だった豊臣家が拠点を置き、次の戦に備える必要がありました。
家康は1610年(慶長15年)、加藤清正、福島正則など豊臣恩顧の西国大名20家に命じ、天下普請として名古屋城の築城を開始します。それは豊臣方の包囲網と東海道の防衛を固めるとともに、諸大名への抑止効果も兼ねていました。
家康の子・義直が初代藩主として入り、盤石の体制を整えた名古屋城から大坂冬の陣・夏の陣へ出陣。その後、御三家筆頭・尾張徳川家の居城として、江戸260年にわたって栄えました。

近世城郭の最新技術が結集

本丸御殿 表書院 上段之間の画像
本丸御殿 表書院 上段之間

名古屋城の築城がはじまった1610年(慶長15年)は、1576年(天正4)の安土城築城によって確立されたと言われる近世城郭築城技術の完成期にあたります。そのため徳川の威信をかけた名古屋城には、当時の最新の技術が注ぎこまれました。
金鯱を頂く五層五階の天守は史上最大級で、最新形式の層塔型。狩野派の絵師による障壁画や豪華な飾金具などをしつらえた本丸御殿は、武家風書院造の代表的な建築とされています。
他の城郭の天守に匹敵する巨大な隅櫓、広大な二之丸庭園、高い石垣と深い堀、堅固で巧妙な縄張などを備え、近世城郭の完成形といえるものでした。

家康が築いた城郭と城下町

万治年間名古屋絵図の画像
万治年間名古屋絵図

尾張地方は名古屋城築城までは清須が中心でした。しかし、家康は尾張徳川家の拠点として名古屋の地を選び、築城にあわせて清須から町ぐるみの引越し「清須越」を行います。
名古屋城の二之丸付近には中世に那古野城がありましたが、家康は、その縄張を継承するのではなく、自身の強い意志の下に、新たに名古屋城と碁盤割(ごばんわり)の城下町をつくり上げました。それが現在の名古屋のまちづくりの原型となっています。

築城からの歴史を伝える城跡

昭和実測図の画像
昭和実測図

名古屋城では、尾張徳川家から陸軍省、宮内省、名古屋市と管理者が変わっても、重要な遺構や多様な資料の保存・記録が継続的に行われました。結果、築城時から各時代の改修・改変などの変遷を詳細にたどることができます。
現存する建造物や遺構には、往時の巧みな縄張や城郭の景観を。1,047面が重要文化財に指定される本丸御殿障壁画には、近世武家文化の一端を見ることができます。
江戸から明治にかけて編纂された名古屋城の百科事典『金城温古録(きんじょうおんころく)』、1932年(昭和7)から記録が始まった「昭和実測図」、「ガラス乾板(かんぱん)写真」などの史資料も豊富で、失われた天守や本丸御殿の詳細を今に伝えてくれています。