名古屋城公式ウェブサイト

四季の花木

トップページ > 四季の花木 > 夏の花木

【ここからローカルメニュー】

【ここから本文】

夏の花木

城内で見られる夏の花(6月~8月)


フヨウ(アオイ科)
植栽場所:御深井丸
直径10センチメートル~14センチメートルほどで淡紅色や白色の大輪の花をつける。1日花。

ムクゲ(アオイ科)
植栽場所:二之丸
直径4センチメートル~10センチメートルほどの花をつける。1日花。紅紫色、白色や、八重咲きなど多くの品種がある。

サルスベリ(ミソハギ科)
植栽場所:二之丸
夏を代表する花の1つ。赤、白、桃の花色。古い淡褐色の樹皮がはげ落ち、ツルツルとした新しい幹肌が現れる。

シラン(ラン科)
植栽場所:御深井丸
花の色は紫紅。30センチメートル程に花茎をのばし、その先に数個の花をつける。

ギボウシ(ユリ科)
植栽場所:御深井丸
花も葉も美しい。つぼみが伝統的な建築物装飾の擬宝珠に似ていることから名が付けられたという。

アジサイ(アジサイ科)
植栽場所:二之丸
セイヨウアジサイ、ガクアジサイが園路沿いに咲く。花色は土壌の酸性度や肥料の差異により変化する。

開花時期

夏の花木の開花時期の図

【ここからフッタエリア】

Copyright © 2017 Nagoya Castle. All rights reserved.