催し

西の丸御蔵城宝館企画展アーカイブ

企画展「風薫る 殿の御庭」(終了しました)

2022年04月23日 ~ 2022年06月12日

企画展「風薫る 殿の御庭」(終了しました)の画像

趣旨

 名古屋城二之丸御殿は、元和6年(1620)に初代藩主・義直が本丸御殿から移り住んで以来、尾張藩の政庁かつ藩主の居住空間となりました。二之丸御殿の北側に造営された二之丸御庭は、当初は義直の儒教思想を反映した唐風庭園でしたが、文政年間(1818~1830)になると10代藩主・斉朝による大改造が実施され、園池に築山や茶室を巡らせ、四季を彩る植栽を施した和風回遊式庭園へと変貌を遂げました。

 また、二之丸から水堀を挟んで北に造営された下御深井御庭は、自然豊かな景観を生かした庭園として、殿さまたちの憩いの場となっていました。

 本展では、江戸時代後期の二之丸御庭を描いた巨大絵図「御城御庭絵図」をはじめとした数々の資料から、名古屋城内にかつて存在した大名庭園である二之丸御庭と下御深井御庭の姿を紹介します。

会期

令和4年4月23日(土)~6月12日(日)

会期中は無休(ただし、催事等で変更になる場合があります。)

主催

名古屋城総合事務所 名古屋城調査研究センター

主な出品資料

出品目録(PDF)

・御城御庭絵図         江戸時代 19世紀 1枚 名古屋市蓬左文庫所蔵
・下御深井絵図         江戸時代 19世紀 1枚 名古屋市蓬左文庫所蔵
・変菱形水指           明治時代 19世紀 1合 名古屋城振興協会所蔵
・御城二之丸図         江戸時代 19世紀 1幅 名古屋城総合事務所蔵
・余芳亭障壁画 障子腰板絵   江戸時代 19世紀 6面 名古屋城総合事務所蔵
・御深井庭園真景図       江戸時代 19世紀 1幅 名古屋城総合事務所蔵

御城二之丸図.jpg

御城二之丸図 江戸時代 19世紀(天保13年(1842)以降) 1幅 名古屋城総合事務所蔵

江戸時代後期の二之丸全体を描いた図面。二之丸御殿の北側に二之丸御庭が描かれている。

御深井庭園真景図.jpg

御深井庭園真景図 江戸時代 19世紀 1幅 名古屋城総合事務所蔵

下御深井御庭の景観を描いた絵図。天守の描かれた位置によって御庭を西から見た風景だとわかる。