現在位置トップ > 復元事業 > 絵で見る本丸御殿 > 玄関

【ここから本文】

玄関

虎の間とも呼ばれた本丸御殿の正式な入り口です。藩主に謁見する者が控える場でもありました。
二室の襖・壁・障子の腰には金地に虎と豹が描かれています。なかでも一之間の襖の「竹林豹虎」や障子の腰貼付絵「三方正面眠り虎」はよく知られています。
虎は戦国時代後期の武将に勇猛さを表すとして尊ばれました。

復元イメージ図


玄関一之間・二之間内観

見取り図

玄関の見取り図

古写真


1車寄および玄関 南正面


2一之間 内部北面

襖絵・障子腰貼付絵


1竹林豹虎図(一之間東側襖絵)


2竹林豹虎図(二之間西側襖絵)


3竹林虎図(一之間南側障子腰貼付絵)

絵で見る本丸御殿へ戻る

ページの先頭へ

【ここからフッタエリア】

Copyright© 2008 Nagoya Castle. All rights reserved.