名古屋城公式ウェブサイト

ご利用案内

トップページ > ご利用案内 > 名古屋城茶席 > 猿面望嶽茶席

【ここからローカルメニュー】

【ここから本文】

猿面望嶽茶席

猿面茶席

猿面茶席外観の写真

猿面茶席内部の写真

名古屋城築城の際、古田織部(信長、秀吉に仕え軍功をあらわし、山城国西岡城主となる。織部焼創始者であるとともに、利休に学んだ茶をもって、家康の長子秀忠の茶道師範に就くなど、茶道の大宗匠)の指図により、清洲城の古材により建築したもの。信長が清洲在城の折、この柱の節目が「猿の顔」に見えたため、秀吉に「汝の面の如し」といって戯れたといわれ、以来この名がつきました(戦災焼失、昭和24年再建、1949年)。

望嶽茶席

藤村庸軒(「庸軒詩集」などを著した文化人で、遠州で茶の湯を学んだのち、千宗旦につく)が京都黒谷の金戒光明寺西之丸翁院に造営した「澱看の席」の写し。この位置からは御嶽の山々を望むことができるため、「望嶽庵」と命名されました。

名古屋城茶席へ戻る

【ここからフッタエリア】

Copyright © 2008 Nagoya Castle. All rights reserved.