名古屋城所蔵 昭和実測図について

名古屋城は、慶長15年(1610)に徳川家康によって築城が開始され、同17年に大小の天守、同20年に本丸御殿が完成しました。各門や隅櫓も同じ頃に造営されたと考えられています。

明治維新後、名古屋城各区域のうち本丸・西之丸・御深井丸が皇室の離宮となり、昭和5年12月には名古屋市に下賜されました。下賜と同時に、天守・本丸御殿・各隅櫓・門など江戸時代初期に建てられた建造物24棟が、国宝に指定されました。名古屋市土木部建築課は、下賜直後からこれら国宝建造物の調査に着手し、文部省の指導を得つつ細部の計測や拓本作成を行いました。

しかし、図面整理の最中に第二次世界大戦が勃発し、昭和20年5月14日の焼夷弾攻撃により、国宝建造物24棟のうち西南隅櫓・東南隅櫓・西北隅櫓・表二之門をのぞく20棟が炎上しました。なお、本丸御殿の障壁画のうち襖絵類は取り外されて別置されていたため焼失を免れました。

空襲直後、襖絵と調査資料は名古屋城外に疎開され、8月15日の終戦を迎えました。

昭和27年度、図面整理が終わり、282枚の清書図と拓本貼付27枚計309枚が完成しました。

これら昭和実測図は、創建当時の設計図ではなく、あくまでも昭和前期における調査図です。創建時の姿を正確に再現するには他の資料によって補完する必要があります。しかし、多くの建物を戦争で失った名古屋城にとり、戦前の姿を知るためのかけがえのない資料であることに他なりません。よって、昭和34年の鉄骨鉄筋コンクリートによる天守再建や平成21年から開始された本丸御殿の木造復元においては、基本的資料の一つとして昭和実測図が使用されました。また、各図面においては、細部まで詳細に計測した数値が厚手の紙に丁寧に手書きされており、精度の高さはもちろん、図面としての美しさにも驚かされます。

昭和実測図については、従来から名古屋城天守閣での各種展覧会や印刷物で紹介しておりましたが、このたび、名古屋城ホームページで簡便にご覧いただけるようにいたしました。

ご利用にあたっては、下記のご利用条件をお守りいただきますようお願い申し上げます。

本丸御殿玄関立面図

本丸御殿玄関立面図

大天守地階詳細図

大天守地階詳細図

ご利用条件

  1. 本サービス内にあるデータはすべてクリエイティブ・コモンズ表示-非営利-改変禁止2.1日本ライセンスの下に提供されており、二次利用していただくことが可能です。ご利用にあたっては以下のページもご覧ください。
    名古屋市におけるオープンデータの取り組みについて(外部リンク)
    クリエイティブ・コモンズ・ライセンスとは(外部リンク)
  2. 本サービス内のデータを利用される場合には、これが名古屋城総合事務所の所蔵であることを適宜の方法により表示してください。(表示例:「出典 名古屋城総合事務所蔵 昭和実測図」)
  3. 印刷物(新聞・書籍・雑誌・論文・教科書・パンフレットなど)・テレビ番組などへのデータの掲載を希望される場合は、「写真原板貸付申込書」を名古屋城総合事務所にご提出ください。目的によっては利用をお断りする場合もあります。
    →申請方法はこちら
  4. データの利用によって、利用者に損失等が発生した場合でも、名古屋市は責任を負いかねます。
  5. 掲載されている情報の正確さについては万全を期しておりますが、万が一誤りなどがありましたら名古屋城総合事務所までご連絡ください。(tel. 052-231-1700)

上記のご利用条件のすべてに同意しますか