知る / 保存整備 / 本丸御殿復元

復元の歩み

3期にわたる復元の道のり

本丸御殿の復元工事は、2009年(平成21)に始まり、3期にわたって整備を進めてきました。2013年(平成25)には玄関、表書院を、2016年(平成28)には対面所、下御膳所を公開し、2018年(平成30)の上洛殿の完成をもって全面公開しています。

年表

1992年度(平成4) 本丸御殿障壁画復元模写開始
1998~2001年度(平成10~13) 本丸御殿復元課題検討委員会
2002年度(平成14) 名古屋城本丸御殿積立基金設置(募金開始)
2005年度(平成17) 「新世紀・名古屋城博」開催(3~6月)
特別史跡名古屋城跡全体整備計画検討委員会(9月~)
NC400ロゴマーク、ピンバッジ、ポスターを発表(1月)
2006年度(平成18) 「交響詩・名古屋城」初演(4月)
本丸御殿基本設計(6~3月)
名古屋城本丸御殿復元推進委員会(8月~)
木曽ヒノキ斧入れ行事(8月)①
特別史跡名古屋城跡全体整備検討委員会同建造物部会(10月~)
2007年度(平成19) 復元イメージソング「煌めきの未来へ」CD発表(4月~)
名古屋市博物館特別展「本丸御殿の至宝 重要文化財 名古屋城障壁画」(4~6月)
本丸御殿実施設計(6~3月)
地元職人による匠工房結団式
上洛殿上段之間1/8模型製作開始②
文化庁長官から「特別史跡の現状変更許可」(11月)
2008年度(平成20) 名古屋城検定開始(5月~)
新作狂言「夢つくり」初演(9月)③
市民による森づくり事業開始(9月~)
本丸御殿復元工事着手(1月)
2009年度(平成21) 工事見学コーナーの開館(5月~)
名古屋城本丸御殿障壁画復元(9~11月)
木材加工場・原寸場の公開(10月~)
素屋根内部の公開(12月~)
匠体験塾の開催(2月)
2010年度(平成22) 玄関の復元過程特別公開(10月)
2011年度(平成23) 上棟記念式典開催(7月12日)④
2013年度(平成25) 玄関・表書院の公開記念式典開催(5月23日)
玄関・表書院の公開開始(5月29日~)
2014年度(平成26) 本丸御殿入館者が100万人を突破(5月10日)
2016年度(平成28) 対面所・下御膳所の公開記念式典開催(5月30日)
対面所・下御膳所の公開開催(6月1日~)
2018年度(平成30) 本丸御殿完成公開式典(6月5日)
本丸御殿完成公開(6月8日~)