知る / 保存整備 / 本丸御殿復元

史料(史実に忠実な復元)

史実に忠実な復元を支える史料

本丸御殿は日本を代表する書院造の建造物で、総面積約3,000平方メートル、高さ約12.7メートル、30を超える部屋を備えていました。室内は、虎や豹、花鳥風月などを画材とした障壁画や飾金具などで豪華絢爛に飾られ、建物・絵画・美術工芸史においても高く評価される存在でした。
残念ながら、御殿そのものは戦災により失われましたが、幸いなことに襖絵・天井板絵など1,049面もの障壁画は、戦時中に取り外されて大切に保管されてきました。また、江戸時代の藩士が記録した詳細な図面や、明治から昭和にかけての多くの写真、実測図など、第一級の史料が数多く残され、これらをもとにした史実に忠実な復元が可能となったのです。
歴史的文化遺産である城郭の史料がこれほど多く残されている例は、全国的にもほとんどありません。しかも、その記録は微細にわたり、江戸から昭和の長期間におよんでいます。なぜ本丸御殿がこれほど正確に復元できたのか、その理由がわかる貴重な史料の一部を紹介します。

焼失前の本丸御殿

天守閣及び本丸御殿、東南隅櫓上より望むの画像
天守閣及び本丸御殿、東南隅櫓上より望む
表書院、東南庭中より望むの画像
表書院、東南庭中より望む
上洛殿南西面の画像
上洛殿南西面
御湯殿書院南面の画像
御湯殿書院南面

襖絵

桜花雉子図(表書院一之間北側襖絵)の画像
桜花雉子図(表書院一之間北側襖絵)
芦鷺瀑辺松樹図(三之間西側襖絵)の画像
芦鷺瀑辺松樹図(三之間西側襖絵)

天井板絵

写真左から、萩桔梗図、桐文図、花文図、菊文図の画像
写真左から、萩桔梗図、桐文図、花文図、菊文図

欄間彫刻

上洛殿一之間北側欄間の画像
上洛殿一之間北側欄間
上洛殿一之間東側欄間の画像
上洛殿一之間東側欄間
上洛殿二之間西側欄間の画像
上洛殿二之間西側欄間
上洛殿三之間西側欄間の画像
上洛殿三之間西側欄間

飾金具

対面所上段之間内部帳台構中央部釘隠の画像
対面所上段之間内部帳台構中央部釘隠
上洛殿上段之間内部帳台構中央部釘隠の画像
上洛殿上段之間内部帳台構中央部釘隠

昭和実測図

昭和実測図の画像
昭和実測図