現在位置トップ > 名古屋城天守閣 復元事業について

【ここから本文】

名古屋城天守閣 復元事業について

1 趣旨

 名古屋城は、徳川家康の命により諸大名を動員した「天下普請」として築城が行われ、1612年に天守が完成しました。1930年には宮内省より名古屋市に下賜され、本丸御殿などの建造物とともに、城郭として初めて国宝に指定されました。しかし、太平洋戦争により、1945年に天守や本丸御殿などの主要な建造物は惜しくも焼失してしまいました。
 現在の天守閣については、戦後、市民の多大な寄附により再建された鉄骨鉄筋コンクリート造の建造物ですが、再建から半世紀が経過し、設備の老朽化や耐震性の確保などの問題が発生しています。そのような課題を克服するとともに、特別史跡名古屋城跡の本質的価値の理解を促進するため、「金城温古録」や「昭和実測図」「ガラス乾板写真」など、現代に残された豊富な資料に基づく天守閣の木造復元を進めています。
 なお、木造復元された天守閣の竣工時期は、2022年12月を予定しています。


焼失前の名古屋城天守閣

2 名古屋城 天守閣木造復元イメージCG(完成イメージ動画)

名古屋城天守閣が木造復元されるイメージの動画(制作:(株)竹中工務店)です。
https://www.youtube.com/watch?v=-vvVL-TKSck

全体鳥瞰図 断面図解イメージ
(制作:(株)竹中工務店)

大天守2層入側
(制作:(株)竹中工務店)

大天守3層階段
(制作:(株)竹中工務店)

小天守1層
(制作:(株)竹中工務店)

3 事業提案書

平成27年度に実施したプロポーザル事業の提案書です。
PDFダウンロード(株式会社 竹中工務店 名古屋支店 技術提案書)
詳細については、こちらのページ(名古屋城天守閣整備事業の選定結果をお知らせします。)をご覧ください。
※注意
平成28年3月時点のものです。工程などは変更しております。

4 天守閣整備のスケジュールについて

・2022年12月の天守閣竣工を目指しています
・現在の工程(案)については、こちら(平成29年12月6日 名古屋市会 経済水道委員会資料)をご覧ください。

5 市民向け説明会・シンポジウムについて

平成30年1月に「市民向け説明会」・「シンポジウム」を実施しました。詳細はこちらのページ(名古屋市公式ウェブサイト「名古屋城天守閣木造復元「市民向け説明会」・「シンポジウム」」に接続します。)をご覧ください。

6 天守閣木造復元に関する入場者数見込み及び収支計画に係る調査について

平成29年度に、天守閣木造復元に関する入場者数見込み及び収支計画について、第三者機関による調査を行いました。調査結果については、こちら(入場者数見込み及び収支計画に係る調査結果)をご覧ください。

7 木造天守閣の昇降に関する付加設備の方針について

平成30年5月30日に「木造天守閣の昇降に関する付加設備の方針」を発表いたしました。内容についてはこちら(木造天守閣の昇降に関する付加設備の方針)をご覧ください。

ページの先頭へ

Copyright© 2018 Nagoya Castle. All rights reserved.