現在位置トップ > 本丸御殿とは

【ここから本文】

復元工程


1.原画の調査・研究
観察・顕微鏡などで原画に用いられている材料の調査。文献による研究


2.原寸大写真を作成
原画と同寸の写真を作成。


3.上げ写し(転写)
原寸大写真の上に薄い和紙やトレース紙をあてて、線書きをする。


4.大下図作成
原画が欠損している所は、資料などをもとに補完する。


5.和紙(料紙)を漉く
和紙(料紙)を原画と同質の材料で特別に漉く。


6.ドーサを引く
料紙の上にドーサを引く。(ドーサは料紙のにじみを止めながら、絵の具の定着を可能とするもので、明礬と膠の混合液です)


7.料紙へ転写
ドーサを引いた料紙の上に大下図をのせて、間に念紙を入れて、骨筆(象牙や鉄で作った筆の形をしたもの)でなぞり、料紙に転写する。


8.墨線を引く
料紙に写った念紙の線を墨線で描きおこす。


9.箔足を貼る
原画と同様に手で打った金箔の感じを出すため、金箔で箔足を貼る。


10.金箔を貼る
原画と同じ大きさの金箔(おおよそ1辺が8.5センチくらい)を全面に貼る。(現在の金箔は、1辺が10センチから12センチくらい)


11.彩色
絵の具に膠を練り合わせて、彩色する。


12.下塗り
薄い色(絵の具の粒子の細かいもの)で下塗りをする。


13.中塗り
日本画の絵の具は鉱物質が多く、粒子の細かいものから粗いものへと重ね塗をしながら、中塗りをする。


14.仕上げ塗り
彩色に細心の注意を払って仕上げ塗りをする。


15.隅取り
立体感を強調するため、隈取りをする。


16.仕上げ
細部の線描きをして、仕上げる。

復元模写へ戻る

ページの先頭へ

【ここからフッタエリア】

Copyright© 2008 Nagoya Castle. All rights reserved.