現在位置トップ > 復元事業 > 絵で見る本丸御殿 > 御湯殿書院

【ここから本文】

御湯殿書院

江戸時代には上り場御殿とも呼ばれ、将軍専用の浴室(湯殿)と、脱衣場に相当する座敷三室(上段之間、一之間、二之間)からなる風呂場で、上洛殿とともに寛永期に増築されました。ただし、浴室と言っても湯船はなく、外で湯を沸かし湯気を内部に引き込むサウナ式蒸風呂でした。

見取り図

御湯殿書院の見取り図

古写真


1南面


2湯殿。サウナ式蒸風呂

襖絵


1扇面流図(一之間西側襖絵)


2岩波禽鳥図(二之間南側襖絵)

絵で見る本丸御殿へ戻る

ページの先頭へ

【ここからフッタエリア】

Copyright© 2008 Nagoya Castle. All rights reserved.