現在位置トップ > 復元事業 > 絵で見る本丸御殿 > 表書院

【ここから本文】

表書院

藩主と家臣などの正規の謁見に使用されました。
江戸時代には大広間と呼ばれ、上段之間から一之間・二之間・三之間・納戸之間にいたる広大な建築でした。
表書院の部屋は、主に花鳥画で飾られています。一之間は「桜花雉子」が、三之間は「麝香猫」が描かれるなど穏和な中に雅趣のある雰囲気が漂っています。

復元イメージ図


表書院(右手前)・対面所(左奥) 南より

見取り図

表書院の見取り図

古写真


1東南から見た表書院


2一之間北側襖と西側障子

襖絵


1松竹禽鳥図(上段之間南側襖絵)


2桜花雉子図(一之間東側襖絵)


3松楓禽鳥図(二之間西側襖絵)


4麝香猫図(三之間西側襖絵)

絵で見る本丸御殿へ戻る

ページの先頭へ

【ここからフッタエリア】

Copyright© 2008 Nagoya Castle. All rights reserved.