名古屋城公式ウェブサイト

トピックス

トップページ > トピックス > 名古屋城堀で生息が確認されたアリゲーターガーについて

【ここから本文】

名古屋城堀で生息が確認されたアリゲーターガーについて

・名古屋城堀では、遺棄されたと思われるアリゲーターガー(北米大陸原産。
 魚食性の強い肉食性の淡水魚。)の生息が確認されています。

・アリゲーターガーは魚類であり、陸上で生息することはできないことから、
 故意に触れることがなければ、人に危害を加える危険性はありません。

・なお、堀内に立ち入ること、また鳥獣及び魚の類を捕獲することは禁止と
 なっておりますのでご注意ください。

トピックスへ戻る

ページトップへ戻る

【ここからフッタエリア】

Copyright © 2011 Nagoya Castle. All rights reserved.