名古屋城公式ウェブサイト

名古屋城の歴史

トップページ > 名古屋城の歴史 > 名古屋築城とその時代 > 名古屋城築城の決定

【ここからローカルメニュー】

【ここから本文】

名古屋城築城の決定

徳川家康は、豊臣がたとの緊張が高まる中、尾張国を東海道の一大防衛線として整備を進めました。
まず、慶長13年(1608年)に家康が伊那忠次に命じて木曽川東岸に約50キロメートルにわたり築いた堤防「御囲堤」は、尾張領内の治水だけでなく、大坂から攻め寄せる敵に備える防塁となるものでした。
次いで、尾張国の中心である清須城が問題となりました。清須城は大軍を収容できる規模がなく、五条川に臨む低地にあるため、しばしば水害にも見舞われていました。
このため、家康は清須城に代わる新城造営地を調査し、名古屋(那古野)、古渡、小牧の三候補地の中から名古屋を選びました。そして、慶長14年(1609年)11月16日に駿府において家康は名古屋新城の築城・名古屋遷府を正式に発令しました。これを受けて名古屋では早速、工事の位置決めである縄張りが始まりました。
名古屋城を築く場所は、名古屋台地の西北端で、台地の西面と北面は高さ10メートルの断崖になっていました。そして、断崖の下には泥沼が広がり、その向こうには庄内川、そして木曽三川が流れる天然の要害でした。
一方、南と東には大規模な城下町の建設が可能な広がりがあり、その先は東海道と熱田湊となっています。名古屋城築城は、軍事面だけでなく文化や交易の栄える新しい都市の誕生を予感させるものでした。
年が明けて、慶長15年(1610年)1月14日、将軍徳川秀忠が、西国の20大名に名古屋城普請(土木工事)の助役を命じました。

名古屋城築城普請助役大名

名古屋城築城普請助役大名の居城と石高
助役大名 居城 石高
1.前田利光 金沢 120万石
2.金森可重 高山 3.9万石
3.浅野幸長 和歌山 38万石
4.池田輝政 姫路 52万石
5.生駒正俊 高松 17万石
6.蜂須賀至鎮 徳島 19万石
7.山内忠義 高知 20万石
8.加藤嘉明 松山 20万石
9.福島正則 広島 50万石
10.毛利秀就 33万石
11.細川忠興 小倉 40万石
12.竹中重利 高田 2万石
13.木下延俊 日出 3万石
14.稲葉典通 臼杵 5万石
15.毛利高政 佐伯 1.8万石
16.黒田長政 福岡 52万石
17.寺澤廣高 唐津 12万石
18.鍋島勝茂 佐賀 36万石
19.田中忠政 柳川 33万石
20.加藤清正 熊本 52万石

名古屋城の歴史へ戻る

【ここからフッタエリア】

Copyright © 2008 Nagoya Castle. All rights reserved.